運営会社

メディア掲載実績 MEDIA

経済メディア「ビジネス+IT」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

経済メディア「ビジネス+IT」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

経済メディア「ビジネス+IT」(2022年4月4日)に、弊社代表 渡辺の記事「2022年度リーダー層の転職市場で『採用企業が口を揃える』3種の引く手あまた人材」が掲載されました。

いまだコロナ禍の収束が見えてこないばかりか、ロシアによるウクライナ侵攻など、先行きが不透明な状況が続いています。
そのような中における、2022年度の転職市場の動向について、キャリア設計の最前線に身を置く立場から解説しています。

「市況を味方につけるキャリア設計法」についてもご紹介していますので、いま転職をお考えでない方も、参考にして頂ければ幸いです。

詳細は本文でご確認ください。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/83689

PAGETOP

「現代ビジネス」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

「現代ビジネス」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

経済・政治メディア「現代ビジネス」(2022年2月11日)に弊社代表 渡辺の記事「東大生がキャリアデザインの授業で教わった『いちばん大切な考え方』」が掲載されました。

弊社とお付き合い頂いております皆様には、既にお馴染みとなっている「キャリア戦略のつくり方」について解説しています。

コロナ禍や超高度デジタル化社会への移行など、社会情勢が大きく変わる中で、昨年秋より、多くのメディアからキャリア設計に関する記事のご依頼を頂いています。

先日も、代表渡辺の著書『未来をつくるキャリアの授業』(日経ビジネス文庫)が再び増刷されるなど、先行きが不透明な社会において、キャリアデザインの重要性が増しているのを感じております。

今後もキャリアデザインの考え方を広くお伝えすることで、皆様のお役に立つことができれば幸いです。

PAGETOP

『未来をつくるキャリアの授業』がロングセラーとして好評いただいております

book

弊社代表渡辺の著書『未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる!』(日本経済新聞出版社)の増版が再び決定いたしました。

本書は、東京大学におけるキャリアデザインの授業で教科書として採用されるなど、発売当初から多くの反響をいただいておりました。
コロナ禍の今、ますます各個人にキャリアデザインの視点が必要な時代となっています。
増版されることで、さらに多くの方に本書を手に取って頂き、ご自身が希望するキャリアを実現するための一助となれば幸いです。

PAGETOP

「優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する」が『日本人材ニュース』に掲載されました

人材業界専門誌「日本人材ニュース(HRN)」(2022/1/10発行)に、弊社代表 渡辺のインタビュー記事「優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新」が掲載されました。

今回のインタビューでは、人材市場の実情やビジネスリーダーの採用・定着を成功させるためのポイントについて解説しています。

多くの企業において、既存事業のビジネスモデル再構築や新規事業の立ち上げなどの大規模な変革が必要不可欠となっており、経営幹部・幹部候補の採用ニーズが高まっています。
優秀な人材を採用できる体制を整えることは、現代の企業にとって、採用の枠を超えた企業経営の根幹に関わる重要な課題であると同時に、既存のエース社員のリテンションにも必要不可欠な施策となります。
詳細はぜひ記事本文でご確認ください。

採用に悩む人事担当者の方はもちろん、企業の改革を進めたい経営者の方、転職を検討する皆様の一助となれば幸いです。

日本人材ニュースvol.323

日本人材ニュース(HRN)
vol.323 (2022/1/10)
P26-29
<Special Interview>
「企業の持続的成長を実現する採用革新」

⇒PDFでこの記事を読む
※クリックで別ページで開きます。

日本人材ニュースのサイト でもご覧頂けます。

PAGETOP

「日本人材ニュース」の特集記事に弊社福島のコメントが掲載されました

人材業界専門誌「日本人材ニュース(HRN)」(2022/1/10発行)の特集記事 「2022年 人材需要と採用の課題」 に、弊社エグゼクティブコンサルタント・福島のコメントが掲載されました。

前年から続くコロナ禍の中、経済の先行きは不透明な状況ですが、それに反して多くの企業では積極的な採用計画を打ち出しています。
特に、コンサルティングファームやデジタル系企業の採用ニーズは極めて高く、リーダー人材や、DX関連スキルを持つ人材へのオファー条件は高騰しています。
また、オンライン面接が一般的になったことにより、併願先が増えている中で、採用企業側の魅力づけが重要になっています。
人材市場の最前線に身を置く弊社の立場から、2022年の採用におけるポイントをお伝えさせていただきました。

経営者や採用ご担当者の方は勿論、転職市場の最新動向にご関心のある皆様にもご覧頂きたい内容となっております。是非ご一読ください。


日本人材ニュースvol.323

日本人材ニュース(HRN)
vol.323 (2022/1/10) P23
主要人材コンサルティング会社アンケート
「2022年 人材需要と採用の課題」

⇒PDFでこの記事を読む
※クリックで別ページで開きます。

日本人材ニュースのサイト でもご覧頂けます。

PAGETOP

「プレジデント オンライン」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

「プレジデント オンライン」に弊社代表 渡辺の記事が掲載されました

ビジネスメディア「プレジデントオンライン」(2021/12/16) に弊社代表 渡辺の記事「年収の高さだけではない…コンサル業界に就職する東大生が急増している本当の理由」が掲載されました。

今回の記事は東大生の就職先の変化から、昨今の若手人材のキャリア観について考察しました。
この7,8年の間に東大生の卒業後の進路としてコンサル業界の人気が急上昇してきています。
その背景には「人材市場の発達」や「終身雇用制度の崩壊」があります。
新しい時代の空気を敏感に読み取り、自身が納得のいくキャリアを描こうとする若手人材のキャリア観からは、今後の働き方やキャリア設計を考える上で多くの気付きがあります。

学生や、20代の若手の方だけでなく、30代以上のご自身のキャリアを考える方、
さらには企業の人事担当者や経営者の方など「転職」や「採用」に悩む方々の一助となれば幸いです。

詳細は本文でご確認ください。
⇒https://president.jp/articles/-/52696

PAGETOP

「ダイヤモンド オンライン」に弊社代表渡辺の記事が掲載されました

「ダイヤモンド オンライン」に弊社代表渡辺の記事が掲載されました

ビジネスメディア「ダイヤモンド オンライン」(2021/12/02)に 弊社代表 渡辺の記事「エリートでなくても『コンサル業界』に入る方法、キャリアのプロが伝授」が掲載されました。

今回は「コンサルティング業界の採用の実情」について解説しています。

「学歴、職歴、年齢」とすべてそろったエリートしか入れないというイメージのコンサルティング業界ですが、実情は少々異なります。
しかも昨今では、DX関連のプロジェクトニーズの高まりから、コンサルティング業界の採用基準に変化が見られます。

記事本文ではコンサルティング業界の採用基準の詳細や、面接対策などにも触れ、転職を考えた際のキャリア設計についても解説しました。

コンサルティング業界に興味がある方はもちろん、転職を考えている方など、ご自身のキャリアに悩む皆さんの一助となれれば幸いです。

詳細は本文でご確認ください。
https://diamond.jp/articles/-/288774

PAGETOP

「ITmediaエグゼクティブ」に弊社代表渡辺の寄稿記事が掲載されました

「ITmediaエグゼクティブ」に弊社代表渡辺の寄稿記事が掲載されました

企業の明日を変えるエグゼクティブのためのコミュニティ「ITmediaエグゼクティブ」(2021/12/01)に、弊社代表渡辺の寄稿記事『企業の成長は「ポストコンサル採用」がカギを握る~採用力を高める4つのステップ』が掲載されました。

今回のテーマは「優秀な人材の採用」についてです。

企業を取り巻く競争環境が厳しさを増す中、ポストコンサルのニーズが高まっています。
引く手あまたな優秀人材である「ポストコンサル採用」を成功させるために企業や人事担当者の方が取り組むべきポイントを下記4つのステップに絞ってお伝えしています。

①人材市場でのブランドを構築する
②幹部人材向けの採用プロセスを構築する
③人材市場の相場に見合った条件を提示する
④力を発揮できるポジションへアサインする

どれも「当たり前のこと」のようで、実は難しい課題です。
しかし、これらの取り組みをないがしろにしていると、ポストコンサルのような優秀な人材を採用できないだけでなく、企業にとってさらに深刻な事態を招くリスクがあります。

詳細はぜひ本文でご確認ください。
https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/2112/01/news006.html

企業の明日を担う皆さんの採用課題に、少しでもお役に立てれば幸いです。

PAGETOP

東京大学生協ランキングで1位を獲得しました

2021年7月6日に発売された書籍『新版コンサル業界大研究』は、東京大学生協の書籍7月最新ランキング (就職・公務員部門)で1位を獲得しました。

早速お読み頂いた皆さまからは、「これだけ分かりやすい業界研究本は他にない!」、「コンサル業界の変化にとても驚いた」、「女性にも魅力ある仕事なのがよく分かる」など、ご好評を頂いています。

コンサル業界でのキャリアにご関心をお持ちのビジネスパーソン、学生の皆さまのキャリア形成のお役に立てれば幸いです。

全国の書店、Amazon、楽天ほかオンライン書店でもお買い求め頂けます。

⇒amazonで見る
⇒楽天ブックスで見る

また、当サイト内にも、著者である渡辺からのメッセージや目次などを掲載した、本書のご紹介ページを開設致しました。
詳細をお知りになりたい方は、こちらからご覧ください。

PAGETOP

明治大学MBAの授業「M&A演習」に弊社代表の渡辺がゲスト講師として登壇しました

2021年7月11日(土)、明治大学MBAの授業「M&A演習」(担当:岡俊子教授)の講義に、弊社代表の渡辺がゲスト講師として登壇しました。当日は、第13回、第14回の2枠連続で授業を行ないました。

本授業担当の岡俊子教授は、マーバルパートナーズ(旧アビームM&Aコンサルティング)の代表を務められた後、三菱商事やソニーの取締役を歴任されていらっしゃる方です。

MBA授業ということもあり、受講生は30代~40代のビジネスリーダーの皆さんが中心。正規の受講生以外の皆さんも多数出席いただく中、企業経営のあり方、キャリア設計、採用戦略に至るまで、活発な議論が行われ、盛況のうちに終了しました。

前半の授業では、キャリアデザインに関する講義を行ないました。
受講生から事前に寄せられていた以下の質問を踏まえながら、「キャリア設計を取り巻く大きな変化」や「その変化を活用するキャリア設計法」についてお話させて頂きました。

「⼈⽣100年時代に必ず必要になる、キャリア形成スキルとは何でしょうか?」
「コロナ禍での転職市場の実態はどうなっていますでしょうか?」
「職種・業界転職されている⽅はどのようなケースが多いですか? 」
「コンサルタントからの転職先はどのような業種・職種が向いているのでしょうか? 」

後半の授業では、企業経営のあり方、採用戦略、ベンチャー投資に関して、岡教授とともに受講生の皆様に質疑にフリーディスカッションを行ないました。

以下のような、現場で活躍するビジネスリーダーならではの質問が、終了時間いっぱいまであがり、豊富な経営経験をお持ちの岡教授のお話とともに、刺激あふれる時間となりました。

「ベンチャー企業を投資する際に重視されることは何ですか?」
「IPOについてどのようにお考えでしょうか?」
「水準に達していない⼈が相談しに来た時はどう対処するか?紹介企業へのレピュテーションリスクはどう管理されていますでしょうか? 」
「未経験者を採⽤する時はどのような点で⾒極めればよいでしょうか? 」
「⾃社の社員を採⽤する時はどのような視点で⾒ているのでしょうか?」

以下、講義後、受講生の皆さんからいただいたご感想の一部です。

・キャリアに関する本は複数読んできましたが、ピンボケの内容が多く、今一つイメージが出来ていませんでした。そんな思い込みの中、渡辺先生の講話は、明確なご教授があり、ワクワクしながら聴講させて頂きました。今から「キャリア設計の3つのステップ」を実施し、キャリア戦略に挑戦する勇気をメッセージとして頂きました。

・ファミリービジネスの承継を予定していますが、その前に別の企業で一度働きたいと考えている自分にとってキャリアの階段の概念はとても興味深かったです。将来自分の働きたい企業に勤めるにあたり別の企業でスキルを磨いていくことも一つの手だと感心しました。

・年収然り、働く時間を有意義にすること然り、こういう考えのキャリアコンサルタントに伴走してもらうことが賢明と考えました。限られた時間と能力で最大限にステップアップしていくことは経営を同じで、戦略が大切と痛感しました。

・キャリアサポートもそうだが、本当のハンズオンとはこういうことなのかと感心しました。スタートアップ企業に勤めていた時、VC投資を受けていたが、そこまで面倒をみてくれるところはなかったため、大変驚きました。

弊社のキャリア設計方法や事業に関する考え方が、ビジネスリーダーとして社会で活躍する皆様のお役に立つ機会となれば幸いです。

PAGETOP