注目企業情報

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ

Tata Consultancy Services Japan

概要 SUMMARY

タタコンサルタンシーサービシズは、インドのムンバイに本社を置くIT企業。
SWITCHと呼ばれるインド6大IT企業(サティヤム・コンピュータ・サービス、ウィプロ、インフォシス・テクノロジーズ、タタ・コンサルタンシー・サービシズ、コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ、HCLテクノロジーズ)のひとつ。
世界約50カ国に約150の営業拠点、21カ国107か所のデリバリーセンターを有し、30万人に迫る従業員を抱えるグローバル企業である。(2013年現在)
インドの3大財閥に数えられるタタ財閥に属し、インドトップクラスの工科大学卒業生が多数入社することでも有名。
また、世界で初めてP-CMM(※1)CMMI(※2)の両方でレベル5を取得している。

2014年7月1日、同社日本法人タタコンサルタンシーサービシズジャパン、アイ・ティ・フロンティア、日本TCSソリューションセンターを統合し、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社となる。

ITインフラ構築・運用やコンサルティング、ソフトウェア開発、ビジネスプロセスアウトソーシング等のITサービス全般を提供している。
国内企業のみならず、グローバル展開を図る日本企業のサポートも行っている。

(※1)P-CMM:人材開発能力における成熟度を評価するモデル。
レベル5は「個人、組織のコンピテンシー開発手法を継続的な改善」がされているレベルで、最高位。

(※2)CMMI:開発(ソフトウェア、システム)、管理(プロジェクト、リスク)、システム調達、ITサービス等の領域における成熟度を評価するモデル。
成熟度レベルを1~5の5段階で評価する。
レベル5は「最適化している」レベルで、最高位。

社名 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
代表取締役 成田 恒一
発足 2014年7月1日
所在地 東京都港区芝公園4-1-4

PAGETOP

理念 CORPORATE PHILOSOPHY

以下にタタコンサルタンシーサービシズの企業理念を引く。

Mission

持続的成長こそがすべてのステークホルダー、そして社会に価値の根源である。

■To help customers achieve their business objectives by providing innovative, best-in-class consulting, IT solutions and services

■To make it a joy for all stakeholders to work with us

Values:

■Leading change

■Integrity

■Respect for the individual

■Excellence

■Learning and sharing

 タタ コンサルタンシー サービシズ ジャパンサイトより引用

PAGETOP

沿革 HISTORY

タタコンサルタンシーサービシズ・ジャパンは、1987年に日本に進出した。
現在では、日本のビジネス習慣を理解したITコンサルティング企業を目指し、
日本開発センターをインド3拠点(コルカタ、プネ、バンガロール)、中国2拠点(上海、杭州)に設置し、約2,000名が日本のビジネスを支援する体制を整えている。

  • 1987年 インドITサービス企業として初めて日本へ進出。
  • 2002年 横浜にデリバリー開発センター設立。
  • 2006年 日本オフショアデリバリーセンター(JODC)をインド:コルカタに設立。
  • 2010年 大阪オフィス開設。
  • 2012年 (株)日本TCSソリューションセンター(ニアショアデリバリーセンター)を三菱商事株式会社と共同設立。
  • 2012年 横浜から東京港区へ本社移転。
  • 2013年 名古屋オフィス開設

PAGETOP

サービス SERVICE

インダストリー

  • 金融/保険
  • 官公庁/政府
  • ヘルスケア/医療
  • ハイテク
  • 製造
  • メディア
  • 鉄鋼
  • 流通
  • 情報通信
  • 航空/輸送

ファンクション

  • ITインフラサービス
  • エンタープライズソリューション
  • アプリケーション開発
  • アプリケーション再構築
  • アプリケーション保守
  • EIS
  • BPO
  • 品質保証サービス
  • グローバルコンサルティング

TCS BaNCS(ファイナンシャルサービスソフトウェアスイート)

PAGETOP

求める人材 REQUEST



タタコンサルタンシーサービシズでは、グローバルスケールのプロジェクトが多く、国境を越えてグローバルに働く環境が用意されている。
異なる国籍や性別など、様々なバックグラウンドを持つ人が同じプロジェクト内にいるケースが多いため、技術的なスキルや知識はもちろんのこと、『柔軟性』や『国際的な感覚』を持ってビジネスをすることが求められる。
尚、日本法人社員は100%日英のバイリンガルであり、少なくともグローバルプロジェクトを遂行できるビジネスレベルの英語力が求められる。

PAGETOP

キャリアパス CAREER PATH

タタコンサルタンシーサービシズでは、『個々の能力・才能』を重視しており、『興味・関心』を尊重している。
よって、それらを考慮して担当分野やサービス領域、国籍を超えて様々なプロジェクトに参加する機会を提供している。
本人の希望があれば、様々なインダストリーを経験しつつ、同時にセールスやマーケティングなど異なる職種へ変更することも可能である。

また、同社には『TCS Maitree』という制度があり、ワークライフバランスを考慮したキャリアを築くことができる。
この制度ではタタコンサルタンシーサービシズの従業員の家族も同社の一員と考え、従業員とその家族が共に良い時間を過ごすことができる環境を提供する。
これにより、従業員の潜在的才能やモチベーションを刺激し、会社への貢献度向上、ひいては会社全体を成長させることを目的としている。

PAGETOP

トレーニング TRAINING

タタコンサルタンシーサービシズでは、収益の約6%を社内教育に投資している。
P-CMMでレベル5を取得したことからも推測できる通り、人材育成には非常に注力している。

具体的な研修としては、テクニカル研修、プロセス研修、ヒューマンスキル研修などの研プログラムが用意されている。

また「Academic Alliance」という世界中の大学と提携して、新しい技術の研究開発を推奨するプログラムも用意されている。

PAGETOP

社員の声 VOICE

タタコンサルタンシーサービシズでは、『cross-domain』を非常に重視している。
この考えによって、分野、領域に縛られず、柔軟に様々な経験を積むことが可能である。

Over the years, I had the opportunity to gain invaluable experience by working for projects across diverse industries and technological domains.
It was this cross-domain experience that gradually propelled me to the position of a Global Head.
Working with global clients has granted me exposure to various business areas and geographies.
I have also enjoyed the challenge of working across horizontals like BFS, consumer durables, and in domains like business process, sales, service and marketing.

http://www.careers.tcs.com/CareersDesign/Jsps/WorkingatTCSTestimonial.jsより引用

このように社員が多くの経験を積むことは、経験豊富な人材の輩出につながり、それは結果として会社の成長に寄与するという考えが同社には根付いている。
また、同社の特徴として『ワークライフバランス』を挙げる者も多い。

One unique feature of working in TCS is the balance it offers between work and life.
There have always been interesting social activities and interactive games to relieve work pressure.
The treks, especially, were a lot of fun and acted as a great stress-buster.
Today, ten years after I first stepped into TCS, I can look back at a rewarding career and look forward to newer, more refreshing challenges.

http://www.careers.tcs.com/CareersDesign/Jsps/WorkingatTCSTestimonial.jsより引用

上記のように、同社ではプライベートと仕事は密接に関連すると考えているため、社員がプライベートを充足させ、リフレッシュできる環境を整えている。